<痩せたいと思っているなら、行動するべき。

脂肪吸引との違い

ハートとメジャー

脂肪を無くす治療といえば、脂肪吸引というイメージがあるでしょう。しかし、脂肪吸引は美容外科の治療の中でもダウンタイムが結構あります。
それに、大きな範囲を行なうのに向いているのでピンポイントで行なうとなれば、結構体への負担が大きいです。
ですから、ダウンタイムを出来るだけ避けるには脂肪溶解注射がお勧めです。
では、どういった違いがあるのか説明します。

脂肪吸引の手術は、脂肪を取りたいところへカニューレという特殊な管を通して余計な脂肪だけを吸引することになります。
管を通すのですから、勿論皮膚には穴が空いてしまうことになります。最近では、小さな穴になりますので目立たないのですが、受けた後はその周辺が赤くなってしまうことがあります。
それに、急激に血流を良くしてしまうと負担がかかってしまうので、体を休める時間が結構必要になります。
しかし、脂肪溶解注射であれば注射するだけになりますので跡が残ることもありません。
確かに、脂肪吸引も脂肪溶解注射も事前にカウンセリングを受けることになりますが、それでも治療を受けた後の負担は脂肪溶解注射のほうが少ないです。
人によっては、脂肪吸引だとダウンタイムが酷い人もいますし、急激に脂肪を無くしてしまったことで皮膚への負担が大きくなります。
こういったことも理解した上で脂肪吸引を受けるのならいいですが、抵抗が少しあるという人はまず脂肪溶解注射で部分痩せを期待してみてはどうでしょうか?